布と手作りのこと ~Chano's Home別館

布が好き。手作りが好き。そんな日々をのんびりと綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ボーダーのイージーパンツ
家の中ではけるカットソーパンツです。
部屋でリラックスして過ごそうと自分用に作りました。

easy pants 1-1


初めてC&Sさんのパターンを使ってみました。
いえ、パターンはいくつか持っていたのですがなかなか形にできなくて。
縫い代が含まれていないパターンは久々。
そこで余白や継ぎ足した紙に縫い代を書いて、縫い代込みでスタートしてみました。
この方が縫いやすいですよね。
RRさんに慣れている私にはちょっと説明がシンプルすぎてちょっとどきどきしました。

J&Bさんのこのボーダーはかなりしっかりとした、重みもある生地です。
布端がくるくる丸まってしまうのと、ボーダーの柄合わせが必要なのとで縫うのに結構時間がかりました~。

ポケットにはRRさんのはぎれセットに入っていたダンボールニットを使いました。

easy pants 1-2


初めて縫ったこのダンボールニット、噂どおりの縫いやすさと肌触りで早速お気に入りです。
小さな可愛い布も、大人服にはこういう使い方ならいけそうですね。

生地: 綿双糸天竺ボーダー/J&B ダンボールニット/RR
パターン: C&S
 
スポンサーサイト
ジップアップトレーナー
↓のジップアップトレーナーと同時並行で、自分用も作りました。
同じようなボーダー生地を使おうかとも思ったのですが、ペアになるのもなんなのでワッフル生地にしました。

jip-up shirts 2-1


スパッツに使ったときは暖かいと思ったのですが、セーターを着慣れた上半身ではちょっと寒いかな。

でもこの生地、スパッツと袖に使ってほぼ使い切りました。
使い切るとちょっぴり達成感がありますね。

脇には相方と色違いのイニシャルタグをはさみました。

jip-up shirts 2-2


生地: 小花柄ワッフル/MANALOLE グレーニット・リブ/RR
パイピングコード: Aquagreen
タグ: C&S
パターン: RR

メンズのジップアップトレーナー
RRさんのパターンをちょこっとアレンジしてメンズのジップアップトレーナーを作りました。
相方は細身なのですが、さすがに肩幅はもう少しとったほうがよかったみたいで、次回リベンジです。

jip-up shirts 1-1


ファミリーセールでこのボーダーを見つけたとき、「これでメンズ服を作ったら格好よさそう」と思ったものの1mカットしかなかったので、グレーのニットをあわせてみようとこちらも購入。
一緒に買ったリブは幅が足りなかったので、別途日暮里に買いに走ったもの。
こうやって布が増えていくという縮図のような服ですね(笑)。
結局ボーダーもまだ余っているし。

脇にはイニシャルタグをはさみました。

jip-up shirts 1-2


袖と身頃の間にはリネンのパイピングコードをはさみました。
Aquagreenさんのこのコード、↓のメンズニットパンツに使おうと買ったもの。素敵だけれどパジャマに使うにはちょっと硬かったのでようやくここに使いました。あ、結局パイピングコードも増えてる…。

生地: ボーダーニット&グレーのニット/RR リブ/日暮里トマト
パイピングコード: Aquagreen
タグ: C&S
パターン:RR(ちょこっとアレンジ)


RRさん予約布到着
昨日RRさんの予約布が届きました。
どれも可愛くて嬉しい反面、心がちくんと痛い…。

もともと布好きだったけれど特に最近買い続けているからなぁ。
RRさんのファミリーセール、J&Bさん、クルールさん11月新着、C&Sさん10月予約…。
きゃー。

ちょっと布買いをストップしなくっちゃと思っているときに限って
新着にゆうゆうと出会ってしまうんですよね。運がよいのか悪いのか。
どれでもまだまだ買えそうなさくさくカートを前に、C&Sさんのはぎれセットを1つとクルールさんのはぎれセットを1つポチッとしてしまったし。

ということで1月に届く予定の予約を除いてしばらく布買いをストップします。きっと今度こそ。


3月までの3ヶ月我慢したら布山減るかな。そこまでもってしまいそうな在庫が恐ろしいですね。といいつつ、今日実家から椅子のカバーの細かい注文を受けてしまいました。その布だけは仕方ないので買ってもよいことにしましょう。
頑張ってがまんするぞー。

メンズニットパンツ
厚手すぎないパジャマ用のパンツが欲しいと言われ、
相方こと旦那さんにフライスでパンツを作りました。

mens-pajama 1-1


手持ちのフリースパンツを参考に、やや強引にパターンを作りました。
「やや」じゃなくて「かなり」かも。
ラインをまっすぐしっかり書けばよかった…と反省。
脇にはさんだパイピングコードが曲がったラインを強調してます(笑)。

RRさんのリブは硬すぎず柔らかすぎず、とてもいい感じです。
でもひっぱりが足りなくて、ちょっと縫い合わせがうまくいってませんね。

mens-pajama 1-2


ボタンホールはミシンで自動で出来るはずなのですが、いつも何度もやり直しになります。
今回はニット地でのボタンホールはさらに難しかったので、手で縫いました。

学生時代の家庭科の授業、今にして思えば役立つことをいっぱい教わっていたんだなぁ。
パターンの修正の仕方とか。
今更ながらに教科書を取っておいたら今面白く読めただろうな、と残念に思います。

生地: 綿フライスニット/J&B
    リブ/RR

パターン: 自作
ワッフルのスパッツ
日に日に寒くなってきました。
寒がりの私は部屋の中でも冷え冷え。
最近雑貨ばかりを作っていましたが、その前に防寒しなくっちゃ!

ということでワッフル生地でスパッツを作りました。

waffle spat 1-1


スカートの下にはいてみたら暖かさが断然ちがいます。
これは病み付きになりそう。

MANALOLEさん(何となく名前に親しみを感じるんですよねー)のワッフル生地、ようやく形にしてみましたが、薄手なのにしっかりしていて縫いやすかったです。
「白地に小花柄」で作ってみたかったのですが、持っていなかったので「グレー地に小花柄」となりました。

waffle spat 1-2


可愛い生地にごまかされていますが、
スパッツって結局は…も、ももひき?

生地: 小花柄ワッフル(グレー×パープル)/MANALOLE
    リブ/RR
パターン: WB(無料配信パターン)


今度は別珍フラワーでバッグ
↓のスカートと同じ生地で今度は丸底バッグを作りました。
これで3つめですね。サイズは小さい方です。

maruzoko-bag 3-1


表地の柄が華やかなので、内側にどんな生地を使えばよいか迷い、
無難にミルクティーのような色の無地コットンをあわせてみました。

maruzoko-bag 3-2


自分で使おうと思っていたのですが、縁あって先日のイベントでお嫁に行きました。
でもすごく似合っていたので、喜んで送り出しました♪

またこの生地で自分の分を(今度は大きいサイズで)作ろうとすでにカット済み。
内布は何にしようか考えるのも、悩ましいけど楽しいですね。
この勢いだと日記が「べっちん→べっちん→べっちん」と続き、なんだかたたく音みたいになっちゃうかも。


別珍フラワーのスカート
別珍(って懐かしいネーミングだなぁ)フラワーで台形スカートを作りました。
skirt-beccin


初めてこの生地を見た時はそんなに惹かれなかったはずなのに、
見ているうちにクラシカルで素敵だなぁって思った生地です。
色々考えてシンプルなスカートに。(って工夫できないだけなんですけどっっ)

ファスナーは指定されているファスナーと違う種類を用意してしまい、
こうに違いないという思い込みで縫い付けましたが、問題は無いようで。
ほっ。

ただ寒がりの私には今はちょっと寒いかな。
暖かい日にはこうっと。


生地: 別珍フラワー(ワイン)/RR
パターン: RR
麻デニムの丸底バッグ
丸底バッグ第2弾は、ベージュの麻デニムでつくりました。
2個目は大きいサイズです。

maruzoko-bag 2-1


内布にはWガーゼを使いました。
ガーゼは柔らかいので、表に返す際に返し口の端っこが少しほつれてしまいました…。

maruzoko-bag 2-2


厚手の接着芯を使うとまち針が使えず、ダブルクリップで留めて手縫いでしつけをして縫っています。
接着芯の硬さから、底と側面を縫い合わせた後のステッチがどうしてもうまく出来なかったのですが、RRさんに教えていただいたように縫い代を1センチ刻みに切込みを入れたら無事に出来ました♪

友人へのプレゼント用に作ったのですが、自分好みの色合い。
…これは私のものになりそう…かも。


生地: 麻デニム(ベージュ)・Wガーゼフラワー(カーキ)/RR
パターン: RR
ブックカバーいろいろ
ブックカバーをたくさん作りました。
大きさは2つ、形は3種類です。

まずハリーポッターに合わせた大きなサイズ↓。

book cover 1-1


こういう大きなサイズの可愛いブックカバーって見かけないですよね。
(アマゾンでついてくるショッキングオレンジのブックカバー…目立ちすぎて使えなかった…。)
私はハリーポッターを読み出すと止まらず、電車の中でも読みたいので作ってしまいました。
内側にはしおりを入れるポケットをつけました。

book cover 1-2


文庫本サイズは厚みを変えられるものと、変えられないものとの2パターン。
book cover 1-3


皮ひもとウッドビーズでしおりもつけました。
book cover 1-4


ヒッコリーデニムにエッフェル塔のアップリケをつけたものを使ってみたのですが、生地の質感とぴったりのサイズが使い心地がよくて、我ながら大満足です♪

生地: ヒッコリー、杢デニム、Wガーゼ、コットン/RR
アップリケ: C&S Aquagreen
リネンテープ: Japon
パターン: なし
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。